人気ブログランキング |

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

微妙なトゥルチャ

e0176809_10471651.jpg


ここから、旅も佳境です。

ブカレストに着いたのも束の間、バスで一気にトゥルチャまで。
4時間ぐらい。

ブカレストのバスターミナル探すの、苦労したんだよ!
朝でインフォメーションは開いてないし、
手元にブカレストの地図は無いし、
ブカレスト大きくて、長距離バスターミナル、4箇所あるし。
誰に訊いても、的を得ない解答だし…

地図なしで、JR大阪について、阪急三番街のバス乗り場を探すようなものです。
しかも、阪急? なんば? USJ? って感じです。
当然、サインなし。


だから、駅にアメリカ人らしきバックパッカーがやってきた瞬間、
私の行動はチョウ早かった!

絶対逃すまい!

電光石火の如く
「ハロー! 突然だけど、ガイドブックもってる? バス乗り場、知りたいの(泣)!」

一見小さくて弱々しい日本人、(なのに、地図無いの!?)
に頼まれて断れなかった彼らは、電車出発ギリギリなのに、本見せてくれました。


トゥルチャまでの風景は、ただひたすら平原。
ドナウ平原と呼ばれています。

あの…、ほんと、何も無いです。
それがまた、すごく良い。

e0176809_10442294.jpg



トゥルチャという街は、ドナウが川らしい姿を留めている、最後の場所です。
ここから、広大なデルタ(三角州)地帯に変わり、
デルタ上の村へは、船でしか行けません。
道路はもう、繋がってないのです。

こんな地理的状況から、
辺鄙な街を想像してたのですが、
近年の観光ブームから、ルーマニア人にとってのリゾート地となっており、
観光客、本当に多かった!


安宿、なんて雰囲気はなく、三ツ星ホテル以下は見つけられなかった。
それでも、5,000円ぐらいで広いダブルルーム、借りれるのだから
十分安いけど。(一人当たりは、フランスのユースホステルより安い!)

私のイメージでは、ちょっと調子乗ってる街って感じで、
(変なイメージでごめんなさい。)
チャラ男が多い。
「キノ?(中国人?」って声かけられること、数の如く。
結構、面倒くさい。

ケバブを買っている間もチャラ男に声かけられ、
友達が「フランス人って言ってみる?」



「フランス人だよ。(フランセ)」

って答えると、皆ポカン?

アジアの中で、「フランセ… フランセ…」としばらく探し、
くるっと地球儀ひっくり返して、「フランセ!」

しかも、私がペラペラ~ってフランス語しゃべったから、
嘘かも知れない…でも本当かも知れない…

声かけてきたくせに、チャラ男の間で
どうしよう…かな…
フランス人か…

そして、「オッヴァー、マダム (さようなら、マダム)」
と紳士的に去って行った。

何だそれ。



やはり、ヨーロッパ人とアジア人の間では、かなり待遇の差があるようです。

別の日では、アジア人がアイス食べてるよ!とかなり笑われました。
こういう時には、どうしたらよいものか。

直接言われたら、キレることもできるけど、
遠巻きだから、わざわざ喧嘩しに行くのもねえ…
って友達と話していました。

いろんな国を旅行したけど、アイス食べてて笑われたのは初めてです。
観光客だから不当な扱いを受けることはありますが、
アイスぐらい、アジア人も食べるでしょ!

そして、フランス人はフランス語しか話さないから、フランス語は習いたくない
と言う人も結構いた。
フランス贔屓の私は、もちろんフランス人を弁護。

「そうじゃなく、フランス人は、本当に英語が判らないのです!」


日本ならともかく、同じヨーロッパなのにこう認識されていることに驚いた。

しかも、そう言うあなた達のルーマニア語は、フランス語とおなじラテン語ですよ!
私達でも、ルーマニア語の看板の意味が、少しは判るのに、
何でその利を活用しないのだろう…

固定観念で凝り固まってるルーマニア人は、少し損をしてる気がした。
この人達、パリに来たら卒倒するんじゃないかと思う。
だって、パリジャンの半分はアフリカ系とアラブ系ですから。
それに負けないぐらいアジア人住んでますから。

なんて、負け惜しみつつ、でも、ホント嫌な感じだった!



e0176809_1046274.jpg

夜、川沿いはかなり甘い雰囲気です。
レストランになってる船からは、バイオリンなどの音楽が聞こえ、
お金の無い私達のような人が、桟橋に座って聞いている。

by bebedepeche | 2010-08-27 10:32 | ブルガリア・ルーマニア

ドナウ? ドナウ?

e0176809_9481787.jpgドナウの真上で。暗くて何も写っておりませんが…


ブルガリア・ルーセから、ドナウ対岸のルーマニアまで、
電車で国境を超える。

ドナウ手前ルーセで出国審査、ルーマニアに着いてから入国審査を受ける。

その間、ドナウを渡っている間だけ、
どこの国でもなく地球人になれます。
ほんの5分ぐらい。

小説の中で、絹子という年配の女性が、
久しぶりにドナウに再会し、興奮します。

怖い存在である国境警備隊に、
無邪気に「ドナウ?ドナウ?」と尋ねます。

その場面が印象的で、
真似したくなった。


解っているにも関わらず、車両内を通りすがった女性に、
「ドナウ?ドナウ?」
って聞いてみた。

女性、私達が本気で尋ねてると思って、
丁寧に「ウン、ウン」と答えてくれた。

方や、こちら、自己満足です。
申し訳ない…


夜明け前の暗いドナウ、
黒と茶色だけの世界だった。

この寂しさが、国境らしくて
早くもブルガリアが恋しくなりました。

by bebedepeche | 2010-08-26 09:40 | ブルガリア・ルーマニア

不思議の街ルーセ

e0176809_9263997.jpg


ルーマニアとブルガリアの国境の街。

首都ソフィアより、ずっとずっと栄えていて、
ブルガリアはやっぱりヨーロッパの国なんだなって実感。

でもやっぱり
心寂しいソフィアとか、自然の他には何も無いイヴァノボが
私は好きだけど。


なのに、何故かこの街に縁があって、
イヴォノバで降り損なって来てしまったり、
別の日、ブカレスト行の電車に乗り損なって夜中までいたり、
なかなかこの街から脱出できない!

また(まだ)ルーセ!?ってことが、度々起こりました。


しかも不思議のミステリーも勃発。

ソフィアで確かにブルガリア時間に時計を合わせたのに、
ルーセに来る日までは確かに合ってたのに、
いつの間にか、時計がきっかり1時間ずれてた。

私の時計は巻いて調整するのだけど、そのネジが固くて、
簡単には巻けない。
どこでそんなことが起こったのか、思い返しても
思い当たるフシが無い。

おかげで1日2本しか無いブカレスト行の電車に乗り遅れた。
客引きのタクシー運転手が、「電車ないない」って言ってるのに、
「何言ってるんだ、この人」っと思ってた。

でも無かった…



何で時計がずれてるのか、意味が解らず、
電車ない事よりも、そのミステリーで頭がイッパイだった。

同じ頃、友達は、
それでも事実ずれてるんだから、しょうがないじゃん。
いつまで時計の事言ってるんだよ…
それより、今夜の宿、どうすんのよ… って頭がイッパイだった。

かたや、タクシーの運転手
そんな頭がイッパイの二人にひつこく話しかけ、
私に「うるさい、ちょっと黙って!」と言われていた。



さらにミステリーは続く。


結局、夜中3時15分発の国際列車に乗ることにした。
でも、ソフィアからのこの電車は2時にルーセに着く。
その間、国境を超える準備をする
窓口の人はそう言った。

確かに電光掲示板で、ソフィアからの電車、1番線、2時に到着。
となっている。
でも、ブカレスト行 3番線 3時15分ともなっている。

準備の途中で移動するのかな?と思っていた。

一応、駅員に聞いて、確認したら、
ソフィアからの1番線の電車は、ミュンスク(ロシア)行きとなってるけど、
最後の車両がブカレスト行きだから、心配せずに乗っとけ、とのこと。

確認したし、安心して、眠いし、ウトウトしてた。

気がつけば、電車内でパスポートコントロールが始まった。
でも、朝4時。
まだルーセにいる!
そんでまだ1番線!

この電車ブカレスト行くの?
もしかして、私達ロシア行き?

でも、もう降りれないよ…



ブカレストまでの2時間ほど、
しょうがない、ロシアに行くか…、と本気で腹をくくった私達でした。


ま、ちゃんとブカレストに着いたんだけどね。



それにしても、なぜ電光掲示板と全然違うのか、未だに解らない。
別の電車があったことも有り得ない。
窓口の人が、明朝、夕方の2本しか、ブカレストに行かない、
何度も言ったから。

街ぐるみで私達を騙してる気がしてしょうが無かった。
時計にしても、掲示板にしても…。


こんなに書いても、読んでくれてる人にとっては
そこまでの事か?ぐらいにしか伝わらないんだろうな~って
思うと、歯がゆい!!!!


e0176809_9314041.jpg
e0176809_9331612.jpgちなみに、ルーセでは建物観察に夢中でした。
デコとボコがイッパイの変なデザインで。
逆にセンスもちょっと感じて。


e0176809_935754.jpg念願のドナウ!ここで初めて見た!茶色!

e0176809_9362212.jpgイヴァノボのおばちゃん家で食べた香辛料を探している。


親切な人にもたくさん出会った。
ネットカフェを自転車で探し回ってくれた女の子。
駅で電車待ってるのが怖いと言うと、夜中1時まで、
泊まってもないのにロビーに居させてくれた、ホテルの方。

女の子が、ルーセのことを、「ブルガリアのヴェニスと言われてるの☆」
って言ったのが、もう、なんともカワイイと思ってしまった。
運河もない、小さい街なんだけどね。

by bebedepeche | 2010-08-24 08:55 | ブルガリア・ルーマニア

イヴァノボ

e0176809_0115989.jpg


びっくりする程何も無い街(村?)です。

ここに来たのは、世界遺産の岩窟教会を見るため。
ガイドブックが無いので、中学生が使うような世界地図の世界遺産のマークが頼りなの☆

駅の前にある、赤い家が街唯一の宿。
一階に小さな食料品店が入ってます。

ここの宿のおばちゃんがとても素敵でかわいい。

一度夕食を断ったのだけど、あまりに良い匂いがするので、
「やっぱり夕食もお願いしたいんだけど…」って後から頼んだ。
おばちゃん、目をキラキラ輝かせて「Da?(Yes) Da?」

「やっぱりもう一泊したいんだけど。」「Da? Da?」

おばちゃん、かなりお料理上手で、ブルガリアのスペシャリテを作ってくれた。
何と言っても、一階の食料品店に、食べたい食材を一緒に買いに行くシステムにうけました。

e0176809_23425112.jpg下の店にソーセージを買いに行く。

e0176809_2358299.jpgそのソーセージと野菜のグリル。おいしい!

e0176809_23592236.jpgブルガリア定番のチーズのパイ。おいしい!

e0176809_0115100.jpg鳥の肝のスープ。おいしい!

e0176809_022524.jpgこれも定番の卵とチーズを載せて焼いたパン。スパイスと。おいしい!


途中からお母さんのようになって、
私が大量に虫に刺され、腫れているので、病院の薬局に連れて行ってくれ、
街を発つ時に、次の街の途中にある別の岩窟教会に、車で送るよう友人を手配し、
(彼はかなり迷惑そうだったけど…)
最後に宿代の支払いなんか、すっかり忘れていて
「急げ!急げ!」と私達を車に押し込んで「バイバ~イ」とか言ってるし、
とても楽しい滞在だった。


目的の岩窟教会も、とても素敵だった。

歩いて片道4キロぐらいの谷の中にあるのだけど、
畑の中を歩いていくのは楽しい。

ブルガリアの風景は変わっていて、川だけが大地を削って流れているので、
遠くからは岩窟のある崖なんて、全然見えない。
近づくと険しい崖が見えてくるのだけど、
その崖の上に畑っていう順番が、サカサマでイカサマのようです。

e0176809_0253086.jpg崖が見えてきた。


なんて感動してると、蚊の道に突入。
川沿いは湿気がすごく、蚊の攻撃が止まない。
めっちゃ暑いのにパーカーをすっぽり被り、サウナスーツ状態。
1キロぐらい無言で超早く歩く。
そんで岩窟教会が見えても、感動そっちのけで崖を登る登る。

神聖な教会に着いても、しばらくゼイゼイ言ってて、
あまりの様子に見張りの人も絶句。

上からの景色がすごい!
セカチュウみたいな場所があり、愛を叫びたくなる?
綺麗すぎて2時間ぐらいここに居ました。

e0176809_054864.jpg岩窟教会から

e0176809_042214.jpgセカチュウな場所。



帰りはあの「蚊の道」を引き返し、
イヴォノボに着いた頃にはヘトヘトだった。

私達は街では有名人なのですが、
普段はシャイな街の人が、
「あのジャポネがヘトヘトで帰ってきたよ…」
「どこ行ってたの?」って声をかけられる有様。

旅先では街に出て、なるべく地元の人と話すのが楽しみなのですが、
ヘトヘトすぎてオバチャン家に即行。
爆睡でした。

街の人、写真とりたかった~!

e0176809_065790.jpg夜のイボノヴァ駅。部屋から電車が見える。ガタンゴトンとやってきて、銀河鉄道の夜みたい。

by bebedepeche | 2010-08-22 23:28 | ブルガリア・ルーマニア

リラ修道院

e0176809_7425570.jpg


ブルガリアの首都ソフィアから、車で1時間ぐらいの山中にあります。

教会と周りの僧房全て併せて、世界遺産に登録されています。

宗教的にとても権威のある修道院らしく、ブルガリア人に愛される一方で、
他宗教からは破壊されたこともあり、常に存在感たっぷり、と言った感じ。

いろんな方の寄付により、今の姿に手入れされたらしく、
なんて幸せな修道院だろう、と思います。



教会のと鐘楼、僧房が、ずれた方向を向いて建てられていて、
その間に出来た空間が、なんだか不思議な空間となっています。

ぐるりと囲んだ僧房の扉から、
人が出たり入ったりしている様子が面白い。
なんと魅力的な扉。

e0176809_7551770.jpg魅力的な穴…を背に、立ちはだかる犬。っていうか、犬多すぎ。


ここに来るまでの風景もすばらしく、
広い広い平原にため息モノでした。

左右の車窓が捻れてて全然違う場所があったり、
大昔に大きな川が流れたのだろうな、と思わせてくれる場所があったり。
あまりの綺麗さに、工場もお城に見えた程でした。

車窓の風景が忘れられなくて、
ゲストハウスに戻って、練り消しなどで捻って再現してみた。
でも、どうしても違うの…。


e0176809_744862.jpgスケッチをしている私。いきなり、おばちゃんに「良いわね~」と肩をたたかれ、ものすごく驚いた。スリかと思って…。

e0176809_744582.jpg車窓。とてもカメラには収めきれない。綺麗だったの!

e0176809_7471774.jpg途中、プチハイキングもした。水のみ場にもイコンが。

by bebedepeche | 2010-08-21 07:22 | ブルガリア・ルーマニア

「ドナウの旅人」を手に

友達と2人、ブルガリア・ルーマニアへ12日間の旅行でした。

ガイドブックも無く、ドナウ川に沿って黒海まで下る旅行です。


私達を2国へ導いたのは、宮本輝著「ドナウの旅人」。
輝氏が実際訪れた街や、体験したエピソードが、作中、そのまま出てきます。

幾つもの国を経て黒海へ注ぐドナウ川は、感情揺れ動く登場人物達とは対照的に、
一本筋の通った揺ぎ無い存在で、彼らの感情を黒海まで押し流して行く。

気になって調べたけど、ドナウ川ほど多くの国を経ている川は見つからず、
ドイツ、オーストリア、ハンガリー、ユーゴスラヴィア、ブルガリア、ルーマニア
ゲルマン系、スラブ系、ラテン系、加えてロシア支配下、アラブ系との紛争。
複雑です。
ちなみに、ハンガリー人の祖先は、私達と同じモンゴロイドだそうです。


まさに「ロマン」・・・



私もいつか絶対に、黒海から昇る朝日を見に行こう!
小説の中に出てくる街を、輝氏の足跡をたどっていこう!

小説を読んだときから、沸々と思ってました。




そして、それが実現(半ば)しました☆

と言っても、全行程たどってたら1ヶ月以上かかるので、
ブルガリア・ルーマニアだけにしました☆
途中、関係ないとこも寄りながら☆


輝氏が訪れてから10年以上、街はすっかり変わってしまったようです。
小説の中のイメージとは全然違いました。


それでもフランスと比べると、ずっとずっと素朴で、
悪く言えば、変にグローバル化から遅れていて、
(今まで行った国の中で、純粋にアジア人という理由だけで馬鹿にされた)
なのに、また行きたい・・・と思わせてくれる国だった。


e0176809_8274419.jpg

ドナウデルタ最果の街スリナからの朝日
ちなみに、海岸線は軍の基地となっていて、近づけなかった。ショボン。

by bebedepeche | 2010-08-19 08:11 | ブルガリア・ルーマニア

ラマダン

11日からラマダンが始まった。

フランスは移民の国なんだな~って改めて思う話題です。


私はあまりよく知らなかったけど、
夜9時~朝5時の間は食べていいらしい。
日中は何にも食べないらしい。

体にどう作用するのか解らないけど、すっきりするのかな?

ルーマニアに旅行した時、宗教上の理由で火・水は野菜しか食べず、
金曜は魚を食べるって言ってたけど、
確かに野菜の日に、豆やらニンニクをいっぱい食べるのは、すっきりした。



私のアパートにはアラブ人が数人いるんだけど、
ラマダンの前日から騒がしかった。

みんな部屋の掃除を始めたり、何やら騒いでたり。
引越でもするのかな?と思っていたら、
「今日から食べられないの・・」

あの、小さいマヤが我慢できるのかな・・・


食べられないことが影響するのか、
ラマダンが始まってから、何かと騒がしいです。

朝5時前に、皆、起こしあって、今のうちに食べときよ!

とか、

食材見せ合ったり、空腹を紛らすためか、部屋を片付けまくる。

隣の夫婦はセックスを始める。



食欲を我慢するのは、とても大変なようです。

by bebedepeche | 2010-08-17 00:35 | フランス