人気ブログランキング |

カテゴリ:ジャポン( 21 )

DELF B1

ベルギーで受けた、DELF B1 (フランス語の試験) の結果が、今更ながら届きました。

6月に受けたんですけど・・・
遅くない!?

もう来ないもんだと、すっかり忘れ去っていました。


んで、結果は 合格☆ 奇跡的に!

合格ギリギリの得点でしたが、合格は合格、めっちゃ嬉しい~。


口頭試験では、お題を間違って解釈して、
審査官の方に、「実は違うんだよね~」って言われる始末。

筆記も、新聞記事を書くっていう設定だったんだけど、
慣れないからか、全然書けず、絶対無理だと思ってました。

審査官の方に、「頑張りは評価するわ」って言ってもらいましたが、
本当に頑張りだけを評価してもらった感じです。


7年前に受けた、古いシステムのDELFの合格書しかなくて、
(今の新しいシステムとのレベルの整合性がややこしい・・・)
一つ上のレベルの、しかも新しいDELFの合格書が欲しい~って
ずっと思ってたので、スッキリしました☆

と、同時に、集中度は違えども、7年もフランス語に触れてるんだ・・・
と、少しびっくり。

よほど好きみたいです。

でも、B1なんてまだまだ。
B2を1年以内には受けたいな☆
目標がないと勉強しないし。

by bebedepeche | 2010-01-29 02:59 | ジャポン

蹴鞠

e0176809_2395365.jpg


一週間前のことですが・・・

下鴨神社で「蹴鞠はじめ」を見ました。



蹴鞠の鞠は鹿皮を二枚継いでいて、中が空洞で120グラムぐらいしかないそう。

小さいし、軽いし、右足しかダメだし、どう見てもサッカーのリフティングより難しそうだった。

行事だからか、落球しても澄ましているのが、ちょっと面白かった。



衣装が鮮やかで、それでか華々しかったです。

色目が天然染料っぽい色で、今ではあまり見ない色で、

めっちゃ見てしまいました・・・・。



絵を描いてみました。

(久しぶりにマンガっぽい絵を描きました・・・中学生以来かも。)

名前がまんまなのが面白くない。袴は「くずばかま」と読みます。

e0176809_2384918.jpg




おじいちゃんの方が上手で、サッカーと違い、ベテラン有利な遊びのようです。

by bebedepeche | 2010-01-11 02:44 | ジャポン

新年のご挨拶

e0176809_23723.jpg


新年、明けましておめでとうございます。
年賀状の写真をそのまま使用させてもらいました。
年末とても忙しく、年賀状はお仕事関係の方や年輩の方だけにさせて頂きました。
要領の悪い私ですが、今年も一年よろしくお願いいたします☆

昨年は多くの方に助けて頂き、また自分のふがいなさを感じた一年でもありました。
今年は自分の状況や感じたことに向き合う力をつけたいと思っています。

既に4日たちましたが、早くも多くのことがあり、良い気分にさせてもらっています。
浅田真央ちゃんの言葉ではないですが、周りの人に恩返しが出来るようになりたいです。

年賀状は良いなと思うのは、その時どきの自分の様子を思い出せ、
またその時どんなにお世話になったかを思い出せ、
長年の友達からは、変わらない暖かさを感じることができるからかな。

私は見た目と性格のギャップが大きいらしく、
最初仲良くても、根暗で真面目でワガママな一面を知ると疎遠になっていく人が多いです。
最近こそ気にならなくなってきましたが、根っから明るい人が羨ましくも思います。
でも上辺だけの会話がニガテな性分だし、嘘もつけないのでしょうがない。

そんな中、無口でも全然気にならないと言ってくれる友達や、
もっとワガママでもかまわないと言ってくれる先輩や
右行ってぶつかって、左行ってぶつかって、そのブレ幅を少しずつ小さくするのが人生と言ってくれる両親に
とても助けられています。

社交的でも要領が良くもないですが、
「真の友」と言える人が10人いるかと問われると
10人は絶対にいます。
そう思うと、私の友達を見る目は確かだな~と自画自賛です☆

こんなことを書くこと自体、根暗で真面目だと思いますが、
日頃は恥ずかしくて向き合っては伝えられない感謝を
今年の一番最初に伝えたくて。

by bebedepeche | 2010-01-05 02:53 | ジャポン

シーレ

クリムト&シーレ展(天保山ミュージアム)より


心奪われました。

エゴン・シーレ

とても生々しくて、痛ましくて、エロいです。



でもどんなに赤裸々に描いても不快さを感じないのは

現実味があるからかな。



絵の中の骨肉の一つ一つが訴えかけてくる感じ。


e0176809_23351490.jpg




クリムトとともに、オーストリアでのデザインと機能美重視の流れ(分離派・ゼツェッション)
の牽引者であり、親友であったのに、クリムトは見た目のデザイン性を追及し、
シーレは生きることの痛ましさを描かなければ意味がないと、
対極を行き始めるのが興味深い。

個人的には、ゼツェッション時代のデザイン、大好きです。
この頃の建築図面も丁寧で絵になります。

by bebedepeche | 2009-11-08 23:39 | ジャポン

六甲ふたたび

e0176809_21301575.jpg


武奈へ行く予定が天気大荒のため、急遽六甲に。
六甲は真っ青の快晴。
登るにつれ赤い葉っぱが増え、写真に夢中で前に進めない3人でした。


今日のルート

芦屋川→A懸→ピラーロック→風吹岩→雨ヶ峠→七曲り→一見茶屋→魚屋道→有馬

風吹岩でイノシシが出没。それだけなら今更びっくりしないですが、背を向けてた人のザックに噛み付いてヒッパってました。
ザックのひも?も千切れ、その人は引きずられ、怖かったです。とにかく背中を向けてるのは危険みたい。



e0176809_2122564.jpg
軽装で来たのに沢沿いの岩々を登る・・・スパッツ持ってて良かった。
最初はたじろいだけど、登り出すとめちゃ面白いルート。
テンションあがる~☆


e0176809_21235259.jpg
登山靴でA懸を登るフルポン。見てる方が怖い・・・。
私も少し登ったけど、登るより降りるのが怖い。


e0176809_22462194.jpg
ピラーロックまで、わざと変なところを案内される。
合言葉「フルポンに騙されるな」


e0176809_22463729.jpg
振り返れば大阪湾くっきり☆ 天気良好!


e0176809_21245519.jpg
ポーズをとるも小粒なフルポン。


e0176809_21252894.jpg
陽が射すとキラキラ綺麗。やっぱ秋の山は絵になるね。



でも、私は七曲り手前から脚がヘバッてしまいました。ちょくちょく出てくる石段が・・・。
フルポンとQちゃんのペースにはもうついていけません(泣)
一人トボトボ登りました。
二人とも待ってくれてアリガトウ。優しい山トモに感謝。

有馬でお風呂に入り、すっかりリセット。お好み焼き、ゲソ焼き、などなど満腹たべました。
そうそう、途中でもフルポンがぜんざいセットを持ってきてくれてて、ゴチソウになりました。
サンキュウ☆
山で痩せるなんて無理です。

e0176809_21263785.jpge0176809_21274240.jpg
e0176809_21285981.jpge0176809_21293338.jpg

by bebedepeche | 2009-11-05 21:32 | ジャポン

おもロッコウ

こんなに面白かったっけ? 六甲。

10年ぐらい前にロックガーデン→有馬に抜けるルートが
人が多すぎて嫌だったので、なんとなく避けてた六甲山。

友達3人と久しぶりに登りました。



マッチャン企画のルートは次のとおり。

布引→市ヶ原→20クロス→桜谷出合→徳川道→穂高湖→長嶺山→六甲

3人とも歩いたことがないので、マップと格闘しながら、
迷いながら、オジチャン(オジイチャン?)のアドバイスをもらいながら、
無事六甲にたどりつきました。
(ゴールデンポイントなんて行かずに、もう下山しなさい、と言われました・・・)



20クロスの木漏れ日が気持ちいい~

穂高湖の赤い紅葉が綺麗~

徳川道、ちょっと萎える~


e0176809_2220319.jpge0176809_2220304.jpg
e0176809_22211053.jpge0176809_22214190.jpg




面白いこともイッパイありました。



あの広い六甲で友達に会いました。
「六甲なら、知合いに会いそうやな~」って言って
3分後ぐらいに会いました。
ウケました!
ルートも同じだったので、私達が迷う度に追いつかれる。
それにしても偶然すぎるでしょ!



穂高湖まではモンベルチームと抜きつ抜かれつでした。
何度も「お先です」「お気をつけて」。
そのうち可笑しくなってきました。
リーダーの女性はとっても爽やかで、かっこよかった。
参加してる方とも少し話しました。山トモになるには時間が足りず。



なんと言っても最大に面白かったのは長嶺山(天狗岳)の中学生。
頭上の岩から「ヤバイヤバイ、通報される」って聞こえたと思ったら、
煙がモクモクモク~。
なになになに~?
岩の、せっまい隙間でお湯を沸かしてラーメンを食べていました。

燃やしているのはテストらしき紙・・・。
燃料の葉っぱを集めに行く係もいて、慣れているな、君たち。
マッチャンが「そんなんでお湯沸くの?」
「はい、沸きます!」 いつもやっているな、君たち。

せまい頂上の岩場をめっちゃ占拠してて、
写真を撮ろうとしても煙が・・・。

私達のあとに友達の一行も追いついて、急に満員に。
「なんなん、この山有名なん?」ってツブヤキがまたウケる。
かわいいね、中学生。
でも山火事怖いです・・・。

e0176809_22221393.jpg

この日、冴えまくりのジュンちゃんショット


長嶺山からのズルムケルートを何とか下山し、
六甲中学の横を通ると、校門横の岩の上でも中学生がくつろいでた。
「岩が流行ってるのか?」(-ジュンちゃん)

喫茶店「ラ・パンテ」の場所を「あ、知ってます、ラ・パンテ!」
って教えてくれた中学生にしても、
子供やのに何で知ってるの~?

結構ツボでした。六甲の中学生。



友達だけのお気楽登山、楽しいね。

by bebedepeche | 2009-10-28 22:23 | ジャポン

山登り10月

国見山から交野山

朝はお天気、午後から雨という刺激的?な日。

雨の山行は人が少なく静かなので気に入っています。



交野山の急な登りにはヤられました・・・。



しんどい・・・。



でも、たどり着いた大岩の頂上はめちゃ絶景☆


道中、カマキリに夢中になり、後半はお花イッパイで

黒枝豆もゲットし、大満足でした☆


e0176809_20121490.jpge0176809_20124876.jpg
e0176809_20132198.jpge0176809_20135449.jpg





金鳥山から十文字山(六甲)


頂上に行った感のしないフシギルートでした。

保久良神社までの登りは、お気軽ルートとは思えない急っぷり。

でもその後はユルユルコースでした。

ウクレレを教えてもらってましたが、道中練習しながら歩けるかんじです。

そんで気がついたら下山、終了。

途中、杉の落ち葉で一面真っ赤なところが。

綺麗だった。

後ろが気になり写真とれずでした・・・。

e0176809_20143450.jpg





二上山

両親が山行きたい!って。

二時間かかるよって言ってるのに、全然起きない両親。

大丈夫かな・・・って思いながらも

一人で三人分のお弁当を作る。

三人分って多いのね・・・。



当麻寺で案の定、予想以上にウロウロしてしまう。

張り切りすぎて、全て見て廻ろうとする父を追い立てるのがタイヘンでした。



何故かラクショウ☆という記憶があり、ウマの背コースを行ったのですが

両親にはちょっとキツカッタみたい。

ごめんね・・・。



大津皇子のお墓も、ちゃんとお参りしておきました☆

e0176809_20152595.jpge0176809_20154416.jpg
e0176809_2016636.jpge0176809_20165517.jpg
e0176809_20172088.jpge0176809_20173452.jpg

by bebedepeche | 2009-10-20 20:08 | ジャポン

ムカデ話

ムカデに噛まれました

おそらく。

なんで「おそらく」かというと、噛まれた記憶が無いからです・・・

昨日部屋にムカデを発見、退治してやりました。



実は、一週間前から足親指の付け根がパンパンに腫れ、

歩くどころか、鎮痛剤がきれると激痛で眠れない

ってことになってました。

レントゲンでも骨に異常は無く、先生と???

念のため、通風、リウマチ、他関節痛の因子を調べとこうか・・・

と血液検査中でした。



だから、ムカデ出てきてくれて良かった☆

原因がわかってスッキリ☆

正直、通風になるほど食生活が悪かったのか・・・、

リウマチは進行性だから、これからも続くのか・・・、

とか凹むと同時に、

自分の生活スタイルとか、これからのこととか考えてしまいました。




それに、私はムカデに噛まれるのが2回目なのですが、

2回目以降、アナフラキシー?ショックにも気をつける必要があると知りました。

なので今回、こんなにも痛かったようです。

まあ、気をつけろと言われても、神出鬼没だし、


今回のように噛まれた記憶が無ければ、どうもこうも出来ないんですが。


***************************************************


さて、このムカデ君、昨日夜中に出没したのですが、

あまりの気持ち悪さに大嫌いになりそう・・・。



寝付く頃、耳元でササササーって奇妙な音が。

何?って思っていると、

腕に長いものが這いまわっている感触。




気持ち悪かったです・・・。



しかも逃げ足が速く、紙に触れるとカサカサカサ~

弱ってくると、壁を登ってはベロンって落ちてくる。

夜中なので大掛かりなことができず、追っかけまわしてました。



もう、ササササーって音だけは絶対いや~!

by bebedepeche | 2009-10-06 02:20 | ジャポン

建仁寺

e0176809_2211649.jpg


うわ、めっちゃ綺麗!と思った釈迦如来坐像。

控えめに輝いてる様子がなんとも。



京都に用事があったので、ふらっと建仁寺へ。

あの龍の絵があるとこです。

祇園にあるので、舞妓さんたちがよく歩いてます。


龍も良いのですが、私は俵屋宗達の風神雷神。

デン!

e0176809_2221556.jpg


琳派のシンボルですが、誰のよりも宗達の風神雷神が好き。

枠からはみ出しそうなとこに描かれてるのが

躍動感があって気に入ってます。

実際、雷神は太鼓がはみ出している。

ちなみに、こんな描き方をしてるのは宗達だけです。

私はヘンな構図フェチなんです・・・絵でも写真でも。



e0176809_2333553.jpg
○△□乃庭 (本当にこんな名前です) から方丈奥への眺めも好き。
以後、禅宗の伝播と供に名園がたくさん出てくるけど、初期の素朴な禅庭も良いものだなと、意外な発見。


e0176809_2335520.jpg
「あの龍」とはこの龍。絶対皆知ってるはず。小泉淳作筆の双龍です。描かれたのは意外にも最近です。禅寺にしては派手・・・と思ってしまった。絵的にはかなりカッコ良いです。


e0176809_2341551.jpg
廊下のふとしたところにあった花頭窓。ここに配するのか・・・とその意匠に感心してしまいました。


e0176809_2343644.jpg
造園をかじった者としては見逃せない「建仁寺垣」。茶室「東陽坊」の横にあります。まあ、垣の組み方が当時は斬新だったのです。垣のデザインも注目すると面白いものなんです☆



こういうのを見るときは、私はオタクだ・・・と思ってしまう。

読み返して、漢字ばかりでコワイです(汗)

by bebedepeche | 2009-10-01 02:22 | ジャポン

還暦のお祝い

今年で母が60歳になりました。

とても60に見えない母なのですが、

節目なのでお祝いしよう、と、

近くの鮨懐石「あや」さんでお食事。



記念撮影しようとしたら、母がゴソゴソ鞄から何やら取り出した。

それは・・・

自ら書いた「還暦」「祝」。

しかも達筆。

そんで父と仲良く手に持って撮影。

e0176809_2373959.jpg



かなりウケました。



そんな楽しそうな場に混ざりたくてしょうがない甥っ子。

乱入。

e0176809_239467.jpg




そんで、一緒にパチパチ~。

e0176809_2392916.jpg




かわいいなあ。



着物好きの母のために、息子娘たちからの心のこもったプレゼント。

弟夫婦からは着物にもピッタリのカシミアのストール、

妹夫婦からはリモージュ焼の帯留めと鞄、

私からは簪、

と、母を思いながら選んだものばかり。

プレゼントなんて無いと思っていたらしく、

感激しておりました。



甥っ子もリボンを首にかけてもらい、大喜び。

e0176809_2395751.jpg




ちなみに、私の簪は「かづら清」という、京都老舗で買いました。

舞妓さんたちの簪もあるので、かわいらしいのが多いです。

母には奮発して、本漆・蒔絵の玉簪をあげました。

高いです。めっちゃ。

でも、せっかくの還暦祝だし、ウサギの絵がとても母らしかったので。

ちなみに反対側には狛犬の絵が。

e0176809_2403012.jpge0176809_240544.jpg





最後にみんなでパチリ。

e0176809_2415174.jpg


今までアリガトウ。

これからもヨロシク。



ちなみに、弟のお嫁さんと姪っ子は、

大阪でインフルエンザが流行ってるので大事をとってもらいました。

かわいい母子にも、また会いたいな☆

by bebedepeche | 2009-09-23 02:40 | ジャポン