人気ブログランキング |

カテゴリ:オランダ( 12 )

Delft

e0176809_22421822.jpg


今日から目的地のBrusellesに向かうのですが、ちょっとだけDelftに道草しました。

Delft はフェルメールが生まれ、彼が生涯を過ごした場所です。彼の作品は残念ながらこの街にはありませんが、彼の描いた風景を訪ねることができます。
私には大好きな画家がたくさんいるのですが、フェルメールもこれまた大好きです。彼の絵の静かな世界に惹かれますが、人生そのものもミステリアスな人です。ああ、Delft、行ってみたい・・・

ってな訳で来ました。
Delft はちっちゃな、ちっちゃな街で、運河には鴨がおり、家もミニチュアみたいで愛らしすぎます!
ちょっと行けばすぐ広場。(今日はマーケットの日だよ)
ちょっと行けばすぐ城壁。(小さい東門。これで街を守れるの?)

フェルメールセンターで彼の世界に浸り、かの有名な「デルフトの眺望」の場所を訪ね、あとは適当にぶらぶらし、4時間ぐらい。タイル博物館までは行けなかったけど、十分堪能。

e0176809_22384362.jpge0176809_2239226.jpg

e0176809_22394878.jpge0176809_2240962.jpg




e0176809_2234494.jpg

東門のアーチは私のお気に入り。どこか雰囲気があって、絵を描いてみたくなります。



e0176809_22334443.jpg

デルフトの眺望を描いた場所(の対岸・・・橋がめっちゃ向こうにあり、渡るのを断念しました・・・)。絵にはたくさんの鐘楼や門が描かれているけど、今のデルフトにはたくさんの建物が建っていて、もう「眺望」ではないです。



フェルメールセンターの建物自体、彼が描いたものではないかと言われています。アムスのどっかの美術館にある絵ではないかしら?見覚えがある風景だったので。
e0176809_22313996.jpge0176809_22292118.jpg

Het VermeercentrumVoldersgracht 21  Mon-Sut  10h00-17h00

by bebedepeche | 2009-04-03 10:34 | オランダ

Amsterdam

4月1日・2日と大好きなアムステルダムにいます!
アムスは2回目。
とても大きいけれど芸術的で、いつも私を驚かせてくれ、興味が尽きません!

Je suis a Amsterdam ou c est une ville ou j aime bien. C'est la 2eme fois.
Elle tres grande mais artistique, toujour ca m ettonne est ca m intresse!

e0176809_22472231.jpge0176809_3235489.jpge0176809_325392.jpg
e0176809_3254594.jpg
e0176809_22475111.jpge0176809_22482540.jpg

e0176809_3261231.jpge0176809_3263835.jpge0176809_327597.jpg

by bebedepeche | 2009-04-02 22:34 | オランダ

Sheepvaarthuis

PrinsHendrikkade 108-114
Designed by J.M. van デルメイ

e0176809_235739.jpg


e0176809_2353861.jpg


アムステルダムにあった6つの船会社が共同でたてた建物。クレルク率いるアムステルダム派に反動的な流れを汲む、当時としてはモダンな建物。
私から見れば、アムステルダム派の方がモダンに見えるけど、、、こればかりはその時に生きていないとわからない。

現在は高級ホテルになっていますが、なんと言っても中にあるネプチューンのステンドグラスが見ものとのこと。めっちゃ勇気をだして、ホテリアーに建築が見たいんです。と見学をお願いしました。おじさんだったのであっさりオッケー。

調子よく写真をとり、うっとりしていると、女性従業員が来て、「あなた、宿泊客?なんでいるの?」ってめっちゃ怒られました。むかつくので、「受付の人に許可を貰っています!」って(拙い)英語で言い返しましたが、「ロビーだけよ!」ってプリプリしてました。私的には腹立つけど、ホテルや宿泊客側としては頼もしい人だと思います。

by bebedepeche | 2009-04-02 17:30 | オランダ

Museum Het Schip

Museum Het Schip
Spaarndammerplantsoen 140
Wed-Sun 13h00-17h00
Designed by Michel de Klerk


e0176809_2374951.jpg
e0176809_2382423.jpg


アールヌーボーの流れを汲むアムステル派がデザインした公共集合住宅。内部には郵便局や幼稚園も併設されていました。郵便局は現在ミュージアムの受付に。またモデルルームでは、この住宅のためにクレルク自らデザインした家具も設置され、当時の一般クラスの生活ぶりが伺えます。ガイドツアーとなっており、拙い英語を駆使していろいろ聞いてみました。

e0176809_2385920.jpg


隅研吾氏のコラムの切り抜きがありました。
当時を考えると、画期的だったのはデザインだけでなく、低所得者のために行政が住宅を建てるという構図。予算枠が当然あり、複雑なファサードにコストがかかった分、インテリアも同時にデザインすることでコストダウンを図ったらしい。

面白かった隅氏の見解として、第一次大戦後の住宅不足へのヨーロッパとアメリカの対応の違い。

ヨーロッパ : 良質の集合住宅を公共資金で建てる傾向
アメリカ :  公共資金は共産主義に通じるとし、郊外に個人資産での戸建住宅を奨励

隅氏曰く、とりあえずの勝者はアメリカ。何故なら夢のマイホームを手に入れるために人々は猛烈に働き、内需拡大へつながったから。しかし長い目で見ると・・・との?付きです。

by bebedepeche | 2009-04-02 15:30 | オランダ

Silodam

Designed by MVRDV

e0176809_2443515.jpg

e0176809_2445786.jpg


絶対に見に行きたいと思っていたシロダム。住居兼オフィスビル。
このどうなってるの?感が私の興味をそそる。

コンテナ船をイメージしたそうで、あらゆる素材を使用しています。なのに不思議と調和が取れている。
外部の人でも海上に張り出した大きいテラスでボーっとすることができる。レストランもあります。木の階段で陽にあたりながらのんびりサンドウィッチを食べている私に、微笑みながら通り過ぎてく住人たち。慣れてらっしゃる。

by bebedepeche | 2009-04-02 13:30 | オランダ

KNSM-Eiland

Piraeus

e0176809_2484670.jpg


e0176809_2501037.jpge0176809_2503558.jpg


180度変わって少しアールデコっぽい雰囲気の集合住宅。海を臨むとても大きなアイアンの門が綺麗です。この建物の一番美しい部分はやはりパティオでしょう!



Emerald Empire

e0176809_2562923.jpg
e0176809_2573518.jpg



同じ円形の面白さでも、こちらは外からの円形を楽しむ集合住宅です。大きすぎて写真に収まりませんが、微妙にバルコニーの色が違ってたり、ぐるり一周が楽しいでしょう。



cafe dans le centre de modern architecture de KNSM

e0176809_258509.jpge0176809_2591663.jpg


偶然見つけた、KNSM島の建築センター。旧倉庫を改修した建物です。たくさんの模型や、これからのプロジェクト等、建築好きにはたまりません。2階にはカフェがあり、倉庫だっただけあって広い。ものすごく手が込んでる訳ではないけれど、窓からの海の景色や静かな雰囲気、とても好きでした。

KNSM島には二つのインテリアショップもあります。

by bebedepeche | 2009-04-02 11:00 | オランダ

Borneo-Eiland --- Sporenbrug

昨日とはうって変わって寒いです。朝霧が立ち込めとても4月とは思えません・・・。セーターにファーのパーカー、その上にモンベルの山用ジャケットを羽織って出かけました。

今日はアムスの海側を歩きます。面白建築めぐりです。まずはボルネオ島を通ってスポレンブルグへ。

Passerelle (Anaconda) 
両島を結ぶ歩道橋(別名:アナコンダ)


e0176809_34422.jpg
e0176809_342072.jpg


霧の中近づいてくる赤い橋はちょっと不気味。でもそのラインはとても美しい。歩いてみるともっと美しく思える。
対を成す自転車用の橋もあります。



The Whale ホエール
Designed by エリック・ファン・エヘラー→フリッツ・ファン・ドンヘン


e0176809_345190.jpg
e0176809_351189.jpg


海の上にどんと居座る様子はまさに鯨そのもの!少しでも外光を多く取り入れるため、上部が傾斜しています。内部のパティオもまた個性的。



IJ Tower

e0176809_355916.jpg

e0176809_365426.jpg


こちらも集合住宅です。形も面白いですが、淡い金属と窪みの木部が絶妙の組み合わせ。写真には撮れなかったけど、少し陽が差したときに金属部が淡いピンクやブルーに見えるのがとても綺麗でした。



e0176809_384514.jpg

写真を撮ってくれーとお願いされたので、撮ってあげました。工事のおじちゃん。

by bebedepeche | 2009-04-02 10:01 | オランダ

ING house

ING house
desigee par
cote de la station de metoro "Amstelveeneweg"

e0176809_3194737.jpg


お金の長靴と呼ばれているING銀行オランダの本社。虫みたい。中のアトリウムもなかなか面白いつくりです。銀行なのでロビーぐらいまでしか入れませんが、注目されてもいいなら、ぜひ入ってみて。

Il est apple "la choussure de monnaie" parce que sa propotion resemble a une choussure et il est la siege de ING BANK

by bebedepeche | 2009-04-01 22:58 | オランダ

Woonzorg complex Oklahoma

Woonzorg complex Oklahoma
designee par MVRDV
Ookmeerweg/Reimerswaalstraat 1 , Amsterdam
Tram 17 (direction Osdorp) a l arret Hoekenes

e0176809_3243685.jpg

e0176809_325186.jpg


高齢者住宅施設です。
アムスの現代建築の中でも一番有名なんじゃないかな。トラムの人も知ってました。「ホテルじゃないよ。」って何回も言われましたが・・・。ほっとけないな~って思われたのでしょう・・・。
こんな住宅だったら、おばあちゃんになっても楽しいだろな~って思いました。

日本では無難な素材やデザインにしますが、アート性を取り入れることもデザイン上大事なポイントなんですよ!ノルウェーでは高齢者住宅の建築予算の10%がアート品や装飾品、デザイン品に当てられます。国の援助を受ける場合、これは義務とされています。この考えは正しいと思う!

このでっぱってる部屋に住んでる人は、ラッキー!と思っているのか、本当に折れたりしないよね・・・って少し不安なのか、どちらなんだろう・・・。

by bebedepeche | 2009-04-01 22:56 | オランダ

De Looier

De Looier ( Marche Antique )
adress : Elandsgracht 109 11h00-17h00


e0176809_125042.jpg


いきなり、こんな足がぶらさがっていてビックリします。

ここは屋内アンティーク市。銀のスプーンやシャンデリア、意味不明なものまで売っています。ちょっと覗いたつもりが、シャンデリアや古家具のあまりの安さに少しショックを受け、一つ一つ値段を確認してまわりました。それにしてもシャンデリアが1~2万で買えるなんて・・・

更には少し高級な骨董家具もありました。それでも日本で買うより随分安い。こっちに住みたいです・・・。



Par hazard on a croise la seance ci-desus avec des jambes suspendus, je suis tembee des nues.

Ici, c'est un marche interieur d'antique. On peux trouver des cuillers en argent, des lustres, et puis des trucs bizarres et non identifies pour moi. je voulais flaner un coup de moment dedans, mais les prix tres bas de lustre, de vieux meuble m a choquee et en fin j ai fait de tour pour verifier ceux de tous, chaque par chaque. Le prix pour un lustre est environ 10 mills - 20 mills, quand-meme....

En plus, il vent des menbles antiques de luxe, pourtant ce sont beaucoup moin chers qu' au Japon. J ai envie d'habiter ici...

e0176809_14119.jpg

by bebedepeche | 2009-04-01 22:30 | オランダ