カテゴリ:フランス( 8 )

parisから日本へ

今日、パリの学生が主催するチャリティーコンサートに行ってきました。
募金をして、ジャズを聞くという内容で、私もできるだけ募金してきました。
大使館を通じで寄付されるので、確実に届くはず。

即席で開催されたのに、たくさんの人がきていました。
メッセージもたくさん書かれてありました。
これからも、大なり小なりイベントがあると思います。
友人も一つ計画中。


私の携帯にもメールが何通も届き、学校の皆も心配してくれてました。
今日、少し遅刻したのですが、桃はこないんじゃないか、と話してたらしく、
朝から「桃のことを思っているよ。」という優しいメールが数通届きました。

私一人に対しても、こんなにたくさんの人が励まそうとしてくれてます。
だから、たぶん世界でたくさんの人が日本を思っているに違いありません。
90カ国以上の国が支援を表明してくれてると聞いて、感謝でいっぱいです。
少なくともパリでは、多くの人が日本を思っていることを、
ここで伝えたいと思います。


だから、被災地の皆さん、
困難に負けず、一歩ずつ立ち上がってください。
そして、現場で懸命に作業を続けている方々、
本当に感謝しています。


私は遠くパリにいるので、募金しか手立てがありませんが、
少しでも被災地の役に立って欲しい!
[PR]

by bebedepeche | 2011-03-15 11:35 | フランス

今年もよろしく

かなり、久しぶりにブログを更新します。
みなさん、元気かな?
今年もよろしくお願いします。

フランスでは、お正月と言っても、普通の2週間バカンスみたいな感じで、
夏のバカンスほど、「休んだ~!」という感じは無かったです。
フランス人は田舎へ帰っちゃうし、もともと友達少な目の私は
何をしたら良いか判らず、充電した!という満足感のみ(笑)

ヴェルサイユの美術の学校に10月から行ってるのですが、
宿題がめちゃくちゃ多く、またフランス語の授業も難しく、
ついていくだけでイッパイイッパイです。
しかも、アジア人生徒はだんだん来なくなり、
一時は私だけ外国人、っていう状況が続いてました。
最近は、中国人のメンが来るようになったので、嬉しい☆

それでも続けて学校行けてるのは、クラスの皆が優しいから。
たまに皆の会話がわからなくてストレスを感じるけど、
子供レベルのフランス語に付き合ってくれる皆に感謝がつきません。

なんとか、一年通えそうです。


最近、PCで絵を描くことが私の流行です。
David Hockny がipadで絵を描いていたので影響されちゃいました。
ま、カメラが壊れて写真が撮れないってのもあります(汗)
ピクセルが残るぐらい粗い画素で描くほうが、PCらしくて好きです。

日曜に Aubers sur oise に行ってきたので、
ゴッホの描いた教会を、同じアングルで描いてみました。
やっぱゴッホのタッチは真似できないわ!

e0176809_13144893.jpg

[PR]

by bebedepeche | 2011-02-03 13:17 | フランス

ラマダン

11日からラマダンが始まった。

フランスは移民の国なんだな~って改めて思う話題です。


私はあまりよく知らなかったけど、
夜9時~朝5時の間は食べていいらしい。
日中は何にも食べないらしい。

体にどう作用するのか解らないけど、すっきりするのかな?

ルーマニアに旅行した時、宗教上の理由で火・水は野菜しか食べず、
金曜は魚を食べるって言ってたけど、
確かに野菜の日に、豆やらニンニクをいっぱい食べるのは、すっきりした。



私のアパートにはアラブ人が数人いるんだけど、
ラマダンの前日から騒がしかった。

みんな部屋の掃除を始めたり、何やら騒いでたり。
引越でもするのかな?と思っていたら、
「今日から食べられないの・・」

あの、小さいマヤが我慢できるのかな・・・


食べられないことが影響するのか、
ラマダンが始まってから、何かと騒がしいです。

朝5時前に、皆、起こしあって、今のうちに食べときよ!

とか、

食材見せ合ったり、空腹を紛らすためか、部屋を片付けまくる。

隣の夫婦はセックスを始める。



食欲を我慢するのは、とても大変なようです。
[PR]

by bebedepeche | 2010-08-17 00:35 | フランス

金魚

我が家に金魚が来ました。

と言っても、1週間の期間限定ですが。

お隣さんがバカンスで不在なので、その間、餌をあげてと頼まれたのです。

ちなみに、トマトの水遣りも頼まれた。


e0176809_7284943.jpg




これが、かわいくてねえ!

少しの音でもびっくりしてウロウロしてるので、

そ~っと動いております。



1日に何回も餌をあげたくなる衝動をこらえて、

言いつけどおり、夕方一回にしておりますが、

孫にお菓子をあげないように!と言われるお婆ちゃんの心境です。



お隣さんはアルジェリア人一家で、パリに来て3年です。

パリを始め、フランスには移民が多く、

アフリカ系、アラブ系、アジア系、い~っぱいいます。

特にアルジェリア人は多い気がする。かのジダンもそうだよ。

そして、クスクスを食べろ!って絶対言われる。



ワールドカップの時は、変な感じです。

アパートの人がワーワー言ってるので、

今日フランスの試合だったけ?って思ってたら、

アルジェリアの試合だった。

しかも、試合前にフランス人が「bonnne chance! (がんばって)」と激励している。



フランス代表も、出身地がてんでバラバラ。

特に今年は移民系が多かった。

それはそれで私は好きです。

ギニア出身のマルーダなんて、めちゃくちゃカッコイイです☆

移民系が多かったから、今年のフランス代表は醜態を晒した、なんて意見があるけど、

それは関係ないんじゃないかな。

どんな選手でも、あの、意味不明な監督の下ではイラッとする気がする。

負けた記者会見で、恋人にプロポーズしてるし・・・。

さすがフランス人。



さて、お隣のアルジェリア人一家には、マヤという4歳ぐらいの男の子がいます。

めちゃかわいくて、恥ずかしがり屋です。

その癖、私が扉を開けたままにしてると、そ~っと入ってきます。

エンジンがかかってくると、おもちゃを全部持ってきて、

狭い私の部屋はわちゃくちゃになるのですが、しょうがない、遊んであげよう。



お勉強絵本を一緒に見てたのですが、ビーバーとか、

フランス語では何て言うんだろう・・・

「これ、何?」って聞くと、「知らない。」

と、あっさりしたお答え。

4歳なのに、はっきりしてらっしゃる。

4歳の子にフランス語を教えてもらおうとした私が馬鹿でした・・・。



マヤが描いた私です。

e0176809_7275171.jpg
[PR]

by bebedepeche | 2010-07-19 07:17 | フランス

同性愛多し!

この何日か、たくさんの人と出会い、頭が爆発しそうです。
その場では懸命にしゃべってるので、メトロに乗ると、どっと疲れる。
フランス語、好きだけど、フランス人の中に飛び込んでいくのは
今でもかなり緊張します。
ちゃんと通じるかな? アジア人ぎらいだったら嫌だな。とか、思っちゃって。

でも、私を紹介してくれる友達の気持ちに応えたいので、
めちゃくちゃ、頑張って話します。

私、えらいな・・・って我ながら思ってしまう。



土曜日はモデルをしてたセシルが、コンサートと、友達のパーティに行こう!って
誘ってくれたので、学校の友達も誘って行きました。
学校の友達も、フランス人と話す機会があまりない、と言っていたので
皆にとっていいかな?って思って。

パーティを開催したカップルは男性の同性愛カップルで、
とてもパリらしい!って思ってしまった。
来ていた男性のほとんどは同性愛者で、お決まりの如く感じがよく、
ぜひとも友達になりたいです。


月曜日は、またまたセシル繋がりで、セシルの親友達と会いました。
セシル以外、来る人来る人皆男性で、変だな~って思ってたけど、
やっぱり彼らも同性愛者だった。
パリにはいったいどれだけの同性愛カップルがいるのだ!?

セシルの親友達も、かなり良い人たちで、
いっぱい話すわけでもないけど、居心地がとてもよかった。
有名人のジェスチャーゲームみたいなことをして遊んでました。
タバコすってだら~ってしてるのに、番が廻ってくると、
トトロのマネとか、マイケルジャクソンとか、必死にやってるあまりのギャップに、
大うけ三昧でした。

今日は今日で、パーティーで出会ったフランス人女性が、
ラスパイユ近くのギャラリーで働いており、
オープニングパーティーがあるからおいで、と招待してくれてたので行ってきました。
彼女の上司とか、日本人来たよ、どうしよう・・って戸惑ってましたが、
懸命に喋ってると次々いろんな人を紹介してくれ、
その心遣いにとても感謝です。
次回展示をするおじちゃんアーティストともかなり話したので、
ぜひともまた行こうと思います。


でも、どれもこれも、全てはセシルから始まった縁で、
私はやっぱりセシルに感謝したいです。
いろんな人と話して楽しいけど、
「私を紹介して良かった」って思ってるセシルの顔を見るのが、
一番嬉しいことです。

セシルのおかげで、私は「パリ・シンドローム」には暫く陥らなさそうです(笑)



でも、カルチャーショックを受けることもありますよ。
例えば、パーティーに甘い匂いは付き物だったり・・・
甘い匂い以上のものだったり。
お酒飲んでるのに、大丈夫かな?って
こっちが心配してしまう。
今更もう驚かないけど(笑)
[PR]

by bebedepeche | 2010-04-08 08:37 | フランス

パリシンドローム

今日から サマータイム になりました。
1時間早くなります。

そして、お決まりのごとく、約束に1時間遅れてしまいました・・・

すっかり忘れてて!

謝り倒しました・・・



土曜日、日本文化会館で「パリ・シンドローム」という映画を見てきました。
アマチュア監督ですが、実際に日本人に見られる病気(と言われている)のドキュメンタリーです。

パリ・シンドロームとは?

太田先生という、パリ在住の精神カウンセラーが自著で名付けた病気で
友達もおらず、家からもあまり出ない、こもりがちな日本人に見られる症状だそうです。
傾向としては、「夢のまち・パリ」に憧れて渡仏した人が、半年以内で発症するらしい。
おかしくなって、ひどい人は生ゴミ食べたりするらしい・・・

太田先生のとこには、結構な人数が相談にくるらしいです。

怖い・・・

でも、その気持ちも少しわかります。

だって、意見を言ったり、自分の状況をはっきり説明する習慣がない日本人にとって
外国で暮らすことは、とても大変なことです。

空気を読む

なんて言葉はなく、(少しは読んでくれるけど・・・)

「何でフランスにいるの?」
「何がしたいの?」
「何で日本じゃないの?」
「将来どうするの?」
「今の状態をどう思ってるの?」
「どうして? いつ? 誰と?」

とにかく質問だらけで、納得してくれるまで続きます。

自分が普段、深く考えてないことまで聞いてくるので、
考えてないことを応えるのがしんどい。
「考えてない」って応えると、「何で考えてないの?」ってなるし・・・

前に1年住んでたときは、最初、本当に辛かったです。
今は、質問してくれるということは、興味を持ってくれてるのだ、と思うようになったけど。
この関係がしんどいと、暮らしていけないかも知れない。

でもやっぱり、以心伝心、したい・・とも思うな(笑)


パリ・シンドロームに陥る人は、日本には帰りたくない人が多いらしい。
日本の社会にはなじめないと思うらしい。

なるほど、日本とフランスでは、いろいろ違う気がする。

でも、何も違わない気もする。


ただ、私が思うのは、やっぱり言葉は大きな要素です。

確かにすごい存在感があって、言葉がなくてもやっていけるという人もいるけれど
本当にわずかな人です。
じゃあ外国人の私達が出来る、少ない手段は、
言葉を覚え、出来るだけ話し、自分の要望を伝えること
これに限る気がする。

悲しいかな、向こうも、「この人、言葉、わからないんじゃないかな」と、
躊躇することも多いです。
なので、なおさら、自分から行くしかない。

でも、逆に、間違えまくってても一生懸命話してれば、
大体の人は理解しようとしてくれるし、
外国人だから質問は豊富にあるし、
最近は日本人で得してるのではないか?と思っています。

ただ、自分で言うのもおこがましいけど、
私も相当努力しています。
いろんな人に、フランス語、話せて、フランス人とコミュニケーションできていいね、
って言われるけど
当たり前です!
だって、相当頑張ってますもん!

毎日地道に新聞を読んで単語を覚え、ラジオで耳を慣らし、
人見知りなのに話せる機会は逃さないように。
私は普通の人なので(笑)

パリの人は冷たいって言うけれど、私は普通だと思います。
だって、景気も悪いし、みんな忙しいし、
他人にかまってなんか居られないよ!

もちろん、これから、試験を受けたり、仕事を探したりするので
何度も嫌な思いもするだろうけど、
そのためにパリにいるので、苦労もまた楽しみでもあります。
基本、Mなので!

それに、両親に少しお金を借りてここに居るので、
無駄に滞在することも嫌です。
自分の人生だけど、自分だけのものでもないので、
無駄だと思ったら日本に帰って、仕事して・・・

そう考えたら、ひきこもっている場合じゃない。


もし、自分がヤバイな・・・と思ったら、両親のお金だよ!って思うだろうな。

あと、とにかく太陽の光を浴びに出かけるかな!
[PR]

by bebedepeche | 2010-03-29 09:14 | フランス

オープンキャンパス

週末に、EPSAAというデザイン学校のオープンキャンパスに行ってみました。

生徒の作品が展示してあり、それぞれのプログラムに応じた説明会があります。
私は入るとしたら、一年目の前の、プレパという、デザイン全体の総合学習コースから始めることになります。
日本の総合大学でいう、1、2年次みたいなものです。
でも既に専門的で、デザインばっかします。

今行ってる学校よりずっと安いし、ずっとインテリアに近くなるので、できたらそっちに行きたいのです。

でも、入試があるのですね・・・

説明会によると、去年450人の登録で60人の合格だったそうです。
8倍か・・・狭き門ですね・・・

説明会で、質疑応答の時間があるのですが、私も質問しました。
フランス人たちの前で質問するのは、結構勇気がいるものです。
先生に、「そうだろ、君は質問があるはずだ。」って言われました。
外国人一人だったので、気になってたみたいです。

私が知りたいことは全部、皆が質問してくれてたので、
フランス語の必要レベルだけ聞きました。

DELFの証明を出さなければいけないけど(ベルギーでB1とってて良かった!)、
面接で話してみて、解ってるようだったら、DELFの結果は必須ではない、とのことでした。
DELF、B2が必須という学校が多いので、ありがたい!

とても面白い(けど、疲れた!)一日でした。


今行ってる学校では、
先週、モデルが変わり、細い人でした。

細いと描くの難しいんだよね・・・。

また、静物画のデッサンもしました。
これが、とてもしんどくて・・・。

色を載せたかったんだけど、エスキスの段階で細かく描きすぎて、
先生に、デッサンにしなさい、と言われたので・・・
先生曰く、「君が決めるんじゃなくて、絵が決めるんだよ。」
まあ、そうだけど・・・

なので、今週はもうデッサンしたくない!!

e0176809_753493.jpg
e0176809_7543981.jpg

[PR]

by bebedepeche | 2010-03-17 07:40 | フランス

パリ4日目

今日が美術学校、初日。
とっても緊張して行ったけど、とても自由な学校で拍子抜けしました。
先生も優しくて、私、とまどってます。

いきなり裸婦を描かされました。
人のデッサンなんてしたことないので、行き当たりバッタリ、とにかく描いてしまえ!

集中力が必要で、一つ描くとヘトヘトです。
5分デッサン、10分デッサン、30分デッサンと、計10ポーズぐらい描きました。


e0176809_6285881.jpg



日本人が多くてびっくりしました。
日本語は明日からダメよ!って言われましたが、
みんな入試の情報など持っていて、とても助かる!

それに、銀行の開設、携帯の申込、などなど、しなきゃいけないこと
たくさんあるので、とても心強いです☆



昨日は友達のススメで、「外国人を案内する会」みたいなものに
行って来ました。
なんかもう、フランス語と英語が飛び交ってて頭がごちゃごちゃするけど、
フランス語の練習になりました。
友達とまでは言えないけど、知合いができて良かった☆

今夜、パーティがあるよって言われたけど、
学校初日でしんどいので、また次回にします。
(覚えてくれてるといいけど・・・)
[PR]

by bebedepeche | 2010-03-02 03:05 | フランス