Carte vitale と Securite sociale

Carte Vitale が 手元に届きました。

日本で言う、健康保険証のようなもので、医療費が一部負担で済むようになります。
ただ、日本みたいに一律3%という訳ではなく、
医療内容により、20%ぐらい自己負担しなければならないのもあり、
内訳は結構多岐に分かれてます。
でも、ないより全然ありがたい!

これでAIUのようなバカ高い海外旅行保険に入らなくてもよいし、
公立の学校に通うには、何らかの医療保険に入ることが義務づけられてるので、
フランスに住む者として最低限の義務的条件をクリアしてるということかな。

ただ、これではオペとか受ける時の負担額が大きいので、
各自、補足の医療保険に追加入している人もたくさんいます。
健康診断とか安く受けれるようになるし。
この補足の保険は、総してMutuelと言われ、会社や運営団体も様々、内容も様々です。
私も、今このMutuelを検討中で、学生用の保険を探しているところです。
28歳以上の学生対象で、オススメあれば、教えてください!


このCarte Vital は、Securite sociale (社会保障)に登録しなければ貰えません。
Securite sociale は、健康保険料、年金、失業保険、所得税などの税金を払う対価として
受けられる保障で、給与所得者(もちろんバイトも!)は義務付けられてます。
外国人、学生、関係なく給与から一括して、自動的に天引きされています。
これが結構高い!
全部まとめて20%弱ほどあります!
(ちなみに住民税はこれと別に支払います…泣)

ま、民間の保険に入るよりはマシですが…
それに、帰国後も年金を受け取る資格は残り、
日本から請求できます。(2011年現在 受け取る頃にはどうなってるか…)

外国に住むにもお金がかかるものだ…

これでは日本とフランスで二重支払になってしまうので、
私は市役所にメールして、海外転出してる状態にしてもらいました。
要は、日本の住民票から抜いてあります。
これで、日本の住民税、健康保険料は、フランスにいる間は払わなくてもよいし、
年金も継続年数にカウントされたまま、支払は任意です。

正直、これらのこと、全然知らなくて、
こっちに来てから、いろいろ調べました。
ややこしてくて大変!
きっと、受け取るときも、ややこしいに違いない!


ちなみに、このSecurite sociale番号はよく聞かれるので、
そういう意味でもあった方がありがたい。
税金を払ってる証なので、信用度が全然違う。

一年限定のワーホリの人には意味ないかも知れないけど、
それ以上住む外国人には、やっぱり大切な番号です。


私は、学生でバイトしてる、という王道パターンなので、
Securite sociale に登録すること自体は簡単でした。
雇用主が申請してくれ、書類が届きます。
あとは流れにまかせて、パスポートやら給料明細、銀行口座、いろいろ提出するだけ。
ただ、事務所は月1回、まとめて処理するらしく、
書類2往復だけなのに、申請から4ヶ月もかかりました!
さすがフランス。



それと、思ったのは、ここでも銀行口座の書類。
フランスでは、口座を開設しないと、何もできないということね!



先日、最近仲いい中国人のメン(これがかわいい女の子なの!)と
ベルサイユの森を散歩しました。
ちょっと行くと田舎の集落があり、馬がいた!
めずらしく天気の良い日だったので、寒い中でもホノボノしてました☆

馬、好き☆

e0176809_1325168.jpg

[PR]

by bebedepeche | 2011-02-18 13:26 | フランス留学の手続き